しらすの本場、紀州和歌山県からお届けする伝統の技の味をご堪能下さい。

こちらのページは現在、制作途中です。
随時、更新して参りますので、完成までもうしばらくお待ち下さい。
お買い物は、通常通り利用して頂けます。













創業 明治三十年
創業者 岩崎 時松(写真一番左)
古くから漁業が営まれた港町、和歌山県由良町網代(ゆらちょうあじろ)の網元の家「臺屋(だいや)」の五男として生まれた時松。兄達が皆、海運など、海に携わる事業を興してゆくのと同じように、自身も「いり屋」と呼ばれる、いわし類を釜ゆでし、天日干しする事業を創業した。
当時の屋号は、時松が五男であったことから「臺五(だいご)」。他の兄達も、「臺仙」「臺三」「臺久」など「臺」の字をとったそうだ。時代と共に「臺」の字が「大」に変わり現在の「大五」となる。